展示一覧

全19件中 1〜10件目を表示

北大札幌キャンパスは、そのすべてが埋蔵文化財包蔵地、つまり遺跡に登録されています。そのため、新たに建物や道路を建築・敷設する際には、事前に埋蔵文化財に関する検討・調査が求められます。これまでの発掘調査で、北大札幌キャンパ…..

都市にはそれぞれの川があります。街は三角州や扇状地のように身近に豊富な水があるところに誕生するからです。札幌は豊平川・琴似川などの扇状地に発達し、川は開拓使時代以前から人々の生活に欠かせないものでしたが、都市化とともにこ…..

4月、キャンパスにも春が訪れます。 総合博物館では、4月6日・7日の週末に本学工学部 環境社会工学科 建築都市コースの学生有志による「建築の学生」展を開催します。 建築都市コース授業のなかで学生達が製作した建築模型や図面…..

北海道の豊かな自然の中には、多くの野生動物が息づいています。北海道大学総合博物館では、北海道の生物多様性の理解と保全のために、その自然環境の素晴らしさ、生き物たちの多様さを、写真パネル展をとおして紹介したいと考えています…..

総合博物館に収蔵されている水生昆虫標本の中から、北海道の水生昆虫、世界の大型水生昆虫、約1,000点をご紹介致します。あまり目にする機会のない水生昆虫をご覧になり、昆虫の多様性を感じ、開発や気候の変化によって失われつつあ…..

2016年9月から2017年3月の期間に英国王立キュー植物園で開催されたボタニカル アート展「Flora Japonica」では、日本の植物画家や植物学者による作品や原画により日本の植物が紹介され、2万人以上の来館者があ…..

トウキョウトガリネズミは、全長約70㎜、体重約2gの世界最小級の哺乳類です。北米のアラスカからノルウェーまで北極圏を含む北方圏に広く生息するチビトガリネズミの亜種で、国内では北海道でしか確認されておらず、絶滅危惧種のため…..

膨大な量の学術資料が大学の教育研究活動の中で収集され、また生み出されてきました。 本展では、北海道大学総合博物館所蔵コレクションと放送大学附属図書館所蔵のコレクションを中心に、近代以降の人類の知の営み、特に学術活動の中で…..

北海道は地質学的にダイナミックな形成史を持ち、その生い立ちを語る証拠は大地を構成する岩石や化石、地質構造や地形として道内各地で見られます。 本企画展では、一昨年出版された『北海道自然探検 ジオサイト107の旅』から岩石に…..