【2月11日開催】第9回土曜市民セミナー「はじけるダイズ―収穫量を増やす莢の仕組み―」


イベント詳細

  • Date:
  • カテゴリ:

節分の豆まきに使われるダイズは北海道を代表する作物の一つです。野生ダイズのツルマメなどは成熟すると莢がはじけ、種子をまき散らします。動くことができない植物にとって種子をばらまくことは、子孫を残すために最も大切な形質の一つです。しかし、作物としてみると収量や品質を低下させる大変困った形質です。ダイズも作物になる過程で莢がはじけにくいものが選ばれてきましたが、はじけ易さには程度があります。日本では北海道を除くほとんどの地域で、はじけ易い品種が栽培されています。このダイズのはじけ易さについてお話しいたします。