イベント一覧

全129件中 1〜10件目を表示

病気は早期発見・早期治療が大切です。「くすり」といえば、病気を治す薬を思い浮かべられる方が多いと思いますが、病気を見つける薬も重要な役割を果たしています。早く見つけるのはもちろんのこと、同じ病名であっても病気の性質が人に…..

北海道と流氷:流氷の減少とその影響 北極海の海氷(流氷)が減少していることはメディアで頻繁に報じられています。この海氷の減少は、気象、海洋、海洋生態系などの自然環境に影響を与えますが、その範囲は北極域だけではなく、中緯度…..

北大エコキャンパス観察会 ―サクシュコトニ川沿いの遺跡・花・虫— 6月の環境月間にあわせ、北海道大学の構内を巡る自然観察会を開催します。 博物館スタッフと一緒にサクシュコトニ川に沿って散策し、植物・昆虫・考古の3つの分野…..

アブは、松浦武四郎の『天塩日記』や成石修の『東徼私筆』 の中で踏査を妨げる厄介者に挙げられたほか、道内の市町村史を繙くと、発生盛期に日中の農耕を休む「虻休み」の記述を見つけることが出来るほど、開拓期には厄介がられた存在で…..

北海道からはじまった我が国の遺伝学、必然性と模倣と独自性 学問が広まるキッカケは、社会がその学問を必要とするからにほかならない。理屈は無用、人間にとって関わりの深い学問ほど、発展する。100年余り前の北海道では、食料生産…..

1991 年のソ連崩壊に伴い独立を果たした中央アジア5 カ国ですが、これらの国々の独立後の国家建設と経済改革の道のりは決して平坦ではありませんでした。計画経済から市場経済への移行に向けた経済体制の転換は、各国に未曾有の経…..

生物学と博物館学から見たバイオミメティクス動向 バイオミメティクスに関わる生物学の技術的側面は、リバースエンジニアリング(逆行工学)と、そのアナロジーが認知過程に有効かもしれない。生物学の目的は、生命現象の認識にあったが…..

過去30 ~ 40 年の間に、アポイ岳や礼文島では、高山植生の面積が顕著に減少しており、その原因として地球温暖化などが指摘されています。アポイ岳では、極めて希少な高山植物から構成される高山草原が普通種からなるハイマツ低木…..