お知らせ

【9月30日開催】北海道大学ホームカミングデー2017 展示解説

9月30日 ホームカミングデー 展示解説

北海道大学では、9月30日(土)に、本学同窓生などをキャンパスにお招きして交流を深めていただき、本学の今を知っていただく「北海道大学ホームカミングデー2017」を開催します。2012年度より6回目の開催となります。
総合博物館では、特別企画「惑星地球の時空間」の展示担当教員による展示解説と、北大ミュージアムクラブMouseionの学生達による常設展示の解説を行います。同窓生以外の方のご参加もお待ちしております。解説をお聞きいただき、総合博物館の展示を楽しんでいただくとともに交流を深めていただきたいと思います。

⬛特別企画「惑星地球の時空間」 担当教員による展示解説
9月30日(土)13時〜13時30分
なお、10月1日(日)にも実施致しますが、時刻は16時〜16時30分です。
集合場所:開始時刻に展示室にお集まり下さい。


⬛北海道大学学生(北大ミュージアムクラブMouseion)による展示解説

9月30日(土)
10:30-10:50
1階文学部展示
「文学部らしくない?文学部の研究」
松山結衣子(文学部3年)

11:10-11:30 2階スラブ・ユーラシア研究センター展示
「ボーダーツーリズムってなに?~新しい国境の捉え方~」
黒岩杏佳(農学部2年)
11:50-12:10 3階生物標本の世界
「北大昆虫研究の歴史と今」
伊藤優衣(文学部3年)

13:30-13:50 1階理学部展示
「電波望遠鏡を用いた宇宙観測」
吉崎千真(法学部2年)

14:10-14:30 3階廊下新聞展示
「時代のタイムカプセル 新聞紙の世界&博物館ボランティア活動の一端紹介」

漆原まりあ(農学部2年)

*上記の各回開始時間に、当該展示室または1階受付前にお集まり下さい。

 

学生による文学部展示の解説学生による昆虫の展示解説学生による魚類の展示解説

写真は2016年度のホームカミングデーの展示解説の様子です。
解説シナリオを作成して教員の監修を受け、クラブのメンバーや担当教員と共にビデオレッスンなど展示解説のリハーサルを重ねて臨み、参加者からご好評をいただきました。

*北大ミュージアムクラブMouseionは、2011年度の大学院共通授業;「博物館コミュニケーション特論」を 受講した大学院生達が発足させた総合博物館を拠点に活動する北海道大学の学生グループです。 総合博物館が活動を支援しています。現在は学部1年生から大学院生まで、20数名の学生が所属しています。ミュージアムマイスターの一部も参加しています。

ページトップへ戻る