【4月1日開催】 バイオミメティクス市民セミナー (第64回) – 『雪虫のなぞ:複雑な生活史と形の変化』


イベント詳細

  • Date:
  • カテゴリ:

雪虫(トドノネオオワタムシ)は北海道では身近な虫ですが、その生活史は昆虫の中でも最も複雑です。さらに、季節によって5種類もの形の異なる成虫が現れ、他に見られない多型を示します。雪虫を含むワタムシ(アブラムシ科ワタムシ亜科)は虫こぶ(ゴール)を作ったり、寄主植物を取り替えたり、性比を母親がコントロールできたり、といった不思議な習性が見られます。こうした習性はどのようにして進化してきたのでしょう?進化のシナリオを紹介したいと考えています。
バイオミメティクスに関わる話題としては、ワタムシの仲間の排泄物の処理方法(リッキッドマーブルの形成)に焦点を当てて、大阪工業大学の藤井先生との共同研究を紹介いたします。