歴史

suisankagakukan_s水産科学館は北海道大学函館キャンパスにある水産学部の施設として1958年に開館して以来、水産関係資料を広く一般に公開してきました。その展示施設としての性格から、総合博物館と水産学部は水産科学館の総合博物館分館化を検討し、2007年4月1日に正式に分館として位置づけられました。

目的

(1) 水産関係資料、特に北方関係の実物・標本・模型・文献類を収集
(2) 資料の整理・分類の上保管
(3) 教育研究用の資料目録・解説書を刊行
(4) 国内外の研究者に当該データを提供するとともに、水産関係の知識を一般に普及すること

開館情報

水産科学館は常駐職員2名での運営となるため、十分な安全を確保しながら従来のスケジュールで運営することは現状では困難と判断いたしました。
つきましては、当面の間は隔日での開館とし、『事前予約制』かつ『時間帯制』とさせて頂きます。
詳しくはこちらからご確認ください。→分館水産科学館(函館キャンパス)開館について

入館料:無料
所在地:〒041-8611函館市港町3-1-1北海道大学函館キャンパス
TEL:0138-40-5553
E-mail:kagakukan@museum.hokudai.ac.jp

アクセス情報:
JR函館駅から
函館バス 約20分
・101系統・小谷石行(北大前下車・徒歩3分)
・122系統・123系統・江差行(北大裏下車・徒歩5分)
タクシー 約15分

道南いさりび鉄道七重浜駅から
徒歩 約20分

※お車でご来館の場合は、水産科学館前の駐車場をご利用ください。

お知らせ

2020年度スケジュール

臨時休館、特別開館日:その都度お知らせ致します

2020年度学生ボランティア活動員を募集中。興味のある方は、水産科学館までご連絡下さい。